電子書籍を選ぶのか,それとも物理的な紙の本を選ぶのかは長年自分の脳内で争われてきた.統一したい気持ちがあるが,技術書は電子書籍,小説などは紙の本として棲み分けることで争いが落ち着きつつある(と思っていた).やはり技術書はコードを見ながら自分で実装する場面があるのでディスプレイに映ったほうが便利だし,小説はなんとなく(?)手で持って読みたい.書籍に対する所有欲が文学的な書籍の場合に対して強く出るのかもしれない.いずれにしろ棲み分けが可能ならばおおよそ解決する.実際は簡単にはいかず,ほしい技術書が電子書籍版を扱っていなかったり指定教科書であるために紙の本として買わざるを得なかったりする.紙の本を裁断してスキャンして電子化する方法(いわゆる自炊)もあるが,罪悪感がすごそうだし何より面倒くさい可能性が高い. 業者に依頼する方法もあるらしいがグレーな気がする.

結局何が言いたいかというと,そんなものは無くてこの文章は何かを主張するものではない.ただ思考のままに書いたまとまりの無いらくがきなので.